筋力トレーニング後の糖質摂取

筋力トレーニングの後に糖質を摂取する

筋力トレーニング,糖質

 

筋力トレーニングの後に糖質を摂取するのが効果的で、トレーニングで燃やした筋肉のグリコーゲンを補給するためです。筋トレを行う時の主な燃料は筋グリコーゲンで、グリコーゲンとはグルコースの貯蔵形態で運動の時のエネルギーになります。

 

トレーニング後に糖分を摂取するのに1番良い方法は、消化の早い糖質を摂取する事です。糖質を摂取しないと、筋肉の回復を遅らせてしまいます。2時間糖質の摂取を遅らせるだけで、50%ものグリコーゲンの補給率が下がってしまいます。

 

激しい筋トレを行った時に糖質を摂取するのに良い理由としては、他には精神的な疲労回復効果もあります。疲労やだるさを取り除いて、エネルギーが満タンの状態にしてくれます。トレーニング後の糖質でベストなものは、純粋なグルコースです。

 

それは身体が消化する必要がないとされ、血流に吸収され疲れ切った筋肉に早く届くようになります。筋肉が次のトレーニングに向けてグリコーゲンを貯めて、筋肉細胞に水分を送るので筋肉の大きさを最大限に保てるようになります。

 

筋トレを行った後に糖質を摂取すると、成長ホルモンが下がると言われています。実際には、摂取してもしなくても下がるようになっているので糖質は気にする事無く摂取する事が大切です。

糖質制限と筋力トレーニングを一緒に行う

筋力トレーニング,糖質

 

糖質制限とは炭水化物を控えるダイエット方法で、糖尿病の治療でも行われます。1日に摂取する炭水化物を100から150グラムまでに減らしていき、人によっては一切炭水化物を摂取しない場合もあります。摂取する量は自分で決められますが、タンパク質や脂質は多く摂取します。

 

糖質だけを制限するので空腹になる事はないですが、筋肉が落ちるのがデメリットです。身体の中の糖質が足りなくなり、筋肉を分解して糖原性アミノ酸を代わりに使うようになるため筋肉量を維持したい人は筋トレを行う必要があります。

 

筋トレと一緒に有酸素運動を行うと効果的で、脂肪を燃焼しやすくなります。このため糖質制限を始めてから最初の1ヶ月目は筋トレを行って、2か月目から有酸素運動も加えていきます。この時の筋トレの内容は、腹筋やスクワット等どんなものでも大丈夫です。

 

自分の鍛えたい部位が鍛えられる筋トレを選んで、効果的に鍛えていくと良いです。身体の変化に合わせてトレーニングの内容は変えていく事が出来るため、筋力を落としたくない人は筋トレも一緒に行っていきましょう。

 

これにより、脂肪だけを綺麗に落としていく事が出来ます。普段から筋トレを行っている人は、そのまま続けていけば良いです。

細マッチョになるための筋トレと食事内容

筋力トレーニング,糖質

 

細マッチョになるには、筋トレを行うのはとても重要な事です。しかし筋トレだけでは、いずれ限界にきてしまいます。筋肉は付くけれど、表面には脂肪が付いた状態になってしまいます。そこでとても重要になるのが、食事内容です。

 

食事管理が出来ると肉体改造が成功出来て、細マッチョになれます。細マッチョになるには体脂肪を落とす必要があるため、低カロリーで高たんぱくなものを食べる事が大切です。消費カロリーよりも摂取カロリーが低くなるようにコントロールして、抑えるようにします。

 

しかし炭水化物抜きダイエットは危険になるため、行ってはいけないです。炭水化物は糖質になるため、身体や脳に欠かす事のないエネルギーになります。不足してしまうと、上手く身体を動かす事が出来なくなります。

 

なので、糖質の量を調整しながら、食物繊維やタンパク質を多く摂るようにします。理想は朝と昼に炭水化物を摂取して、夜は糖質を抜くようにすると効率的に痩せられます。夜は消費するカロリーが少ないため、摂取すると吸収率が高いためです。

 

このように食事に気を付けるようにして、筋トレは続けて行っていきます。どちらか1つだけ行っても痩せる事は出来ても筋肉の量が少ないか、筋肉は付いても脂肪は付いたままかのどちらかになってしまいます。

増量期を利用して細マッチョ体型になる

筋力トレーニング,糖質

 

増量期とは、簡単に言うと筋肉を増やす期間の事です。消費カロリーが摂取カロリーを上回る事で、筋肉を増やしていきます。脂肪がある程度付く程のカロリーのある食事を摂取すると、筋肉が付きやくなります。体重が変わらない食事を摂っている場合は、増量期を設定した方が細マッチョになれます。

 

この時には脂肪を落とす減量期も設定する事を忘れる事なく行うようにすると、筋肉が増えるようになります。増量方法としては、クリーンバルクとダーティバルクの2つの方法があります。クリーンバルクの方法は、脂肪を付けないやり方です。

 

摂取カロリーを細かく計算していき、炭水化物が一気に増えるような食事にしていきます。炭水化物と高たんぱく低カロリーの食事が理想的で、加工品を使わないで摂取をします。そして、1回の食事の摂取量を多くしないで出来れば1日に5.6回に分けて摂取します。

 

ダーティバルクの方法は、なんでも好きな物を食べるやり方です。カロリーも気にする事なく、増量期にはいっぱい食べる事です。気を付ける点としては、脂肪をあまり付け過ぎると後で減量する時に辛くなるので暴飲暴食にはならないようにします。

 

一般的には両方を同時に取り入れて、食べたいものがある時は食べてその他の日はカロリーを気にするようにしていることが多いです。

DCCディープチェンジクレアチンサプリ女性のご購入はこちらトップページへ筋トレで効率よく体を引き締めたい方や運動ダイエットで魅力的なカラダになりたい方は、トップページでDCCディープチェンジクレアチンサプリの詳細を確認してみてください。